納豆の魅力 [下]

 






 今回で「納豆の魅力」シリーズは終了です。なので、最後に深掘りしていこうと思います。

 粒の大きさについて

納豆の魅力[中]でもランキングでも書いた通り、納豆は粒の大きさによってとても印象が変わる食べ物です。今回は、その粒の大きさを振り返ります。まず大きい順に見てみましょう。

  • 極大粒→サミットに売っている「つるの舞」という納豆にあります。一粒一粒食べている感じがします。個人的に一番好きです。しっかりと、THE.納豆を食べれます。
  • 大粒→いろいろな店舗に売っている「国産大粒丸大豆おかめ納豆」などがそうです。納豆ファンになってくると、よく食べるようになります。おいしさという面では、一番オススメです。
  • 中粒→薬局のセキに売っている「昔ながらの納豆屋さん」などがそうです。値段、食べやすさ、美味しさ、渋みなど総合的には一番オススメです。父が一番好きです。
  • 小粒→セブンイレブンに売っている「北海道産大豆小粒納豆」などがそうです。値段が良心的なのと、ご飯とよく合います。「朝健康のために納豆一パック」の習慣を付けたい人にオススメです。
  • 極小粒→どこでも売っている納豆の定番「おかめ納豆」などがそうです。とりあえず「これからたくさん納豆を食べたい!」という人にオススメです。(母は納豆が大好きでは無いけれども)一番好きです。
  • 超極小粒→あまり売っていませんが「おかめ納豆 やわらか超極小粒」という納豆にあります。これは豆の形のままでは一番小さいです。いつも中粒などを食べている人が気分転換に食べたりすると新しい刺激が味わえます。
  • ひきわり→まあまあいろいろな店舗で売っている「おかめ納豆 旨味ひきわり」などがそうです。ここまで来ると、もう豆の形ではなく、豆が切られた形になります。たまに食べると、より美味しく感じます。
  • 超・細かーい→あまり売っていませんが「超・細かーいきざみ納豆」という納豆にあります。もうこうなると、納豆を、きざんでいます。(笑)

          でも、とても美味しくて、食べて一秒後にパッと口に広がって面白い食感を楽しめます。

 

f:id:zibazibao:20210111141707p:plain

 

これで納豆の魅力は終わりにしようかと思いましたけれども、まだ魅力はあるので

納豆の魅力 [下下]を書きます。見逃さないためにも、右上のボタンを押して私の読者になりましょう。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

納豆の魅力 [中]

 まず、右上のボタンを押し、私の読者になり、「納豆の魅力[上]」をお読み下さい。

そして、四つ目の魅力は、「からし」です。

というか納豆ファンが一度は話したことがあるでしょう。これを見てくださっている人たちはほとんどが納豆ファンでは無いと思うので、一応解説しておきます。

 

からし問題(知っている人は読まなくて良い)

アンケートでは、なんと5人のうち1人、要するに2割の人が「からしは絶対に使わない」と回答。実際に、納豆のからしはたくさん捨てられています。使わない派の意見で父が特に賛成した、「納豆の味が消される」という意見。確かに私もそう思っているが、 「消される」ってよりは、「少し失われる」って言う言葉の方が私的には近いと思う。まとめると、からしは必要無いのにもったいないのでは無いかと言う問題。

 

皆さんはどう思いますか。僕の意見は、レジの店員さんが、お客さんが納豆を買おうしていたら、 そのパック分の数と同じだけ入れたら良いと思っています。「納豆にからしは入れますか」みたいに。

五つ目の魅力は、「体に良い」ことです。

  • 便秘対策 → 水に溶ける水溶性食物繊維、水に溶けない不溶性食物繊維の両方が入っているから。
  • 腸内環境の改善→納豆菌がたくさん入っているから。
  • 血液がサラサラになる→ナットウキナーゼが入っているから

                               など

 ではここで

「私流納豆オススメランキングトップ3」

                                    を発表します

f:id:zibazibao:20210111090139j:plain

第三位「水戸の味」50×3パック 72円ほど

 まず、量が多く、食べ応えがあるのに、とても安く売られている店舗が多い。55円ほどで売られている店舗もある。そして渋みも少なくて、粒の大きさもちょうど良い、納豆初心者にオススメです。

f:id:zibazibao:20210111091345j:plain

第二位「おかめ納豆」50×3パック 79円ほど

 量が多くて、食べ応えがあるのに、安いのは第二位と同じなんですが、少し粒が第三位と比べて小さく、粒がとても綺麗なんです。そしてタレとからしが美味しい。なので第二位です。

f:id:zibazibao:20210111092946j:plain

第一位「昔ながらの納豆屋さん」         45×3パック 66円ほど

まず、中粒なんですが意外と大きくてしっかりしていて、食感がとても良く、量は第二位、第三位に比べ、合計15g少ないとはいえ、量をおぎなう以上のこの食べ応え!そしてやっぱり美味しい。渋さ、たれ、からし、旨み、全てちょうど良い。

 

これで納豆の魅力 [中]は終わりです。第三位、第二位、第一位、ぜひ食べて見て下さい。ここまで読んでくれて本当にありがとうございました。[下]を見逃さないために、右上のボタンを押して読者になりましょう。皆さんのオススメの納豆があったらぜひコメントで教えて下さいね,

 

           

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

納豆の魅力 [上]

 私の家族は、「納豆一家」です。

特に私の父は日本トップレベルの熱狂的な納豆ファンです。(笑)一日3〜5パックは食べます。

しかし、私もまあまあな納豆ファンだと自信があります。(笑)一日1〜4パックは食べます。

では、語りきれないほどの納豆の「魅力」をギュッと厳選したものを紹介します。

 

一つ目が、「美味しい」ことです。最近、いろいろ食べ物の種類が増えてきました。

例えば、「大豆で出来たハンバーグ」とか、調味料だけど、「減塩醤油」とか、

いろんなアイディア食品が出ていますが、その食品が人気になるには、やっぱり

「美味しい」が第一条件なんです。

なぜなら、いくら安くても、美味しくなかったらみんなは認めてくれないからです。

では、納豆の美味しさを語る上では外せない、「かき混ぜる」ということを書きます。

ズバリ、混ぜる回数によってかなり味が変わります。 

0              ガッチガチだから少しは混ぜよう。

1〜30           時間がない人にオススメ! タレは少し多めに。

31〜50         とても安定しています。納豆ファン第一歩。

51〜80         もうあなたはほとんど納豆ファン。これからも沢山食べよう。   ←

81〜100       あなたはもうまあまあの納豆ファン。食べ比べしてみたら?    ←

101〜300    あなたは一流の納豆ファン。納豆評論家になってみてはいかが?

301〜♾     混ぜれば混ぜるほど良いってもんじゃないんだ。納豆はそんな単純な食べ物 

では無いぞ。  

この様に納豆の世界はとても奥深いのです。

二つ目は、すぐ食べれることです。

当たり前に聞こえる人もいるかもしれませんが、当たり前というのは意外と難しいです。例えば、すぐ食べれて美味しいで有名な、「カップラーメン」の手順を確認していきましょう。①フタを開け、かやくなどを入れる。②湯を沸かす。③湯を入れる。④3〜5分待つ。で終わります。どうですか?意外と時間掛かりませんか?大体計算してみると、10分ほど掛かります。では納豆の手順も確認しましょう。①フタを開け、タレと(場合によってはからしも)入れる。②混ぜる(回数に関して上に載っています)。もう終わりです。これも大体計算してみると、20秒ほどです。さらに、この20秒という数字は、カラシを入れて、60回ほど混ぜた結果です。やはり納豆は手軽に食べれるのです。

三つ目は、安いということです。

f:id:zibazibao:20210110195459p:plain

 このグラフを見て下さい。1990年から2002年ごろまで価格は上がっていますが、そこから一気に価格は下がり、1998年、160円ほどだったのが、2018年98.6円ほどまで価格がなんと60円ほど下がりました。なぜここまで納豆が安いのかというと、ズバリ、一言で「大豆が大量生産しやすい」からです。

 

このように、納豆はたくさんの魅力があります。語りきれないほどあるので、[上]、[中]、[下]に分けることにしました。ぜひ、[中]、[下]も読んで下さい。

 

そして納豆を食べて見て下さい。

 

 これを読んでくれた方、私の読者になっていただくと、あなたは私の恩人です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

書道の魅力

 書道の魅力を今回紹介して行きます。

まず、一つ目が、「達成感」です。文字を何回も何回もたくさん書いて、やっとの思いで

自分が満足出来る作品が作れると、「書き続けて良かったな」って思えます。

これは、一日5時間以上書いた私が言っています。なんか、身体でと言うよりも、

心の中で思いっ切りガッツポーズをしてしまうぐらいです。

次に、二つ目は、「自分の気持ちを表現」することができる事です。

例えば、「激」という漢字を細く、力弱く、小さく書かれていたらどうですか?

なんか、「激」って「激しい」の「激」なのに、激しい感じがしませんよね。

では逆に、太く、力強く、大きく書かれていたらどうですか?

この作品の作者は、激しいと言う事を表現したいのだと伝わりますよね。

でも、前者の方もまたそれで何か伝えたいことがあるかもしれません。 

この様に、「書く字」ではなく、「その字の特徴」などに着目してみると、

書道が10倍楽しくなると思います。

最後に、「道具を使う良さ」です。書道はとても筆、紙などの種類が多いので、

それを使いこなせると、玄人の気分になれます。私は筆多く持っていますが、

1番おすすめしたいのは、中筆の、「あかしや製 初雪」

f:id:zibazibao:20210110175513j:plain

 まず、私は、白い毛の筆が好きなんですね。意外と知らないと思いますけど、この白い毛の

材料は、「羊毛」ですけど、これ、実は、ヤギの毛なんです。

そんなことは置いておいて、羊毛は柔らかくて、書いていて気持ち良くなるんですよね。

後、見ていてなんだか「美しい」って思ってしまうぐらい。だから、わたしは羊毛が

好きなんです。

これを読んでくれたあなたに感謝します。ぜひ右上の読者マークを押しましょう

 

 

文房具の魅力

 文房具の魅力とは様々だ。今回は、その魅力に迫っていこうと思う。

まず一つ目が、「手書きの良さ」である。スマホやパソコンなどでは表せないものがある。 

字のくせ、それに、かっこよさだ。

そして二つ目が、「自然素材」である。今は、最近学校で見る様に、ゴムで出来た鉛筆が

あり、なんとそれはグニャグニャ曲がるのだ。

f:id:zibazibao:20210110152722j:plain

そういう今どきらしい鉛筆も全然悪くはないと思うが、個人的に下の写真の様に渋い鉛筆 

の方が好きだ。

f:id:zibazibao:20210110153546p:plain

 

なんか、使っている時に、「使った」って感じかするのだ。

そして、魅力に挙げた、「自然素材」という点で、この鉛筆は木でできており、

先っぽを持った時に、「自然だ」って感じがするのだ。

 

と言う事で、

文房具も十人十色なのだ

これを最後まで読んでくれたあなたに感謝します。

ぜひ、私の読者に、そして、星マーク、ブックマークをつけてくれたらとても嬉しいです。